2011年7月 7日 (木)

5期中間報告会・6期最終選考会 ~6期ファイナリストプレゼン編~

(前ブログからの続きになります)

6期最終選考会プレゼンのトップバッターは、NOSIGNERの太刀川英輔さん。

D I Yで作れるオープンソースなプロダクトデザインのための仕組み作りプロジェクトを立ち上げられています。

Dsc04296

次は、a.lightの石井綾華さん。

20代から始める「こころの病予防推進プログラム」の活動を立ち上げている石井さんは、現役大学生。

ご自身の体験に基づいた起業の動機から、若者の心の病を少しでも助けたい想いを発表いただきました。

Dsc04305

次は、愛媛で活動を続ける泉谷昇さん。

地元愛媛の魅力をお土産を通して広げるために、「お土産コミッション」事業を展開されています。

Dsc04328

ここで、イノベーショングラントのサービス・パートナーでもありますビジネスバンク様から、

オフィス提供プログラムの簡単なご説明を頂きました。

昨年度に引き続き、今年度も、1期から、今回決定される6期までの皆様を対象として、

1年間のオフィスの無償提供を頂きます。

こちらは、7月21日が応募締め切りとなっていますので、

近日中に詳細のご案内は、改めてグラントフェローの方々にご案内させて頂きますね。

Dsc04331

そして、改めて、6期最終選考会の後半戦。

脳性麻痺治療などに役立てるために幹細胞保管環境を整えるべく、

ご自身の専門性を活かして活動されている益城賢太郎さん。

臍帯血の保管率は、韓国では約20%、米国でも約13%に対し、日本は、0.4%台。

保管コストもさることながら、まだまだ臍帯血保管に対する認知度が低い状況の中、

誰でも臍帯血を保管できる安心価格でのサービス提供のために邁進されています。

Dsc04356

5番目のプレゼンテーターは、Tie for changeの森本宏美さん

使わなくなったネクタイを通じて、新たな価値を創造しようとしているTie for changeは、

リサイクル事業、リメイク事業、リテラシー事業の3つの柱で展開されていこうとされています。

パートナー企業様との連携ご提案も出されていました。

Dsc04360

そして最後を締めくくるのは、大阪でのお仕事を終えて上京してくださった、医療団体めでぃぷろ!の佐藤和弘さん

これからの医療従事者に必要な教育の新しいカタチの創造を生み出そうとされている佐藤さんは、

ご自分の専門性を活かしながらも、医療従事者向けのノンテクニカルスキル教育のプラットフォームの提供を目指されています。

Dsc04372

これで、5期の中間報告、6期の最終選考の計10名の起業家の方々のプレゼンテーションは終了です。

今回は、この後に、パートナー企業経営者の方々による簡単なセッションを行いました。

続きは次でご紹介します。→

| コメント (0) | トラックバック (0) |

6期最終選考会&5期中間報告会が開催されました!~5期フェロー中間発表編~

こんにちは。イノベーショングラント事務局の日根です。

日中は、本当に暑い日が続きますね。

既に真夏を思わせる日差しですが、とはいえ、梅雨特有の空気の重さもあり、体調管理には気をつけたいところです。

さて、6月29日には、5期フェローの第2回目の中間報告会と、6期の最終選考会が行われました。

6期選考については、4月に募集を締め切った後、2ヵ月半かけて、書類選考やヒアリングを経て、

応募者の方々にはブラッシュアップミーティングを行って頂きながら選考を進め、

最終選考会には6人の社会起業家の方々が進まれました。

当日は、第5期メンバーとあわせ、合計10人の社会起業家の熱いプレゼンテーションと、

今回は、パートナー企業経営者の方々による経営者セッション、そして交流会というプログラムでした。

まずは、ETIC.イノベーショングラント事務局長の佐々木より、改めてイノベーショングラントプログラムの目的や、

当日のスケジュールなどの説明をさせて頂いた後、早速、5期フェローの中間報告がスタート。

今回のプレゼンテーターは、こちら。

【5期フェロー】 (4名)

*小林 りんさん(軽井沢インターナショナルスクール)

*鮫島 弘子さん (Andu Amet)

*堀江 由香里さん (NPO Arrow Arrow)

*河野 直さん (Tie for change)

【6期ファイナリスト】 (6名)

*石井 綾華さん (a.light)

*太刀川 英輔さん (NOSIGNER)

*泉谷 昇さん 

*益城 賢太郎さん

*森本 宏美さん (Tie for change)

*佐藤 和弘さん (医療団体 めでぃぷろ!)

トップバッターは、軽井沢インターナショナルスクール設立準備団体の小林りんさん

なんと2日後に迫った6月末が、学校設立の申請締め切り日ということで、ここ数年間の中でも一番の山場だと

ご本人がおっしゃるほどのお忙しい中、熱いプレゼンテーションを頂きました。

アジアを中心とする海外の優秀な学生達が、全寮制教育を通じて、次世代を担う人材を育成していくという、

全寮制インターナショナルスクールの設立を目指して活動されていますが、

3月の震災後、非常に悩んだという小林さん。

といいながらも、数ヶ月で多額のファンドレーズを行い、「もうやるしかない!」とふっきって、

ますますパワフルに活動されている小林さんの熱意溢れるプレゼンテーションが印象的でした。

学校設立のための用地も確保し、今月は第2回目のサマースクール開催で、ますますエンジン全開で動いてらっしゃいます。

Dsc04235_2

 

2番目の発表は、Andu Ametの鮫島弘子さん

前回の中間報告以降、3ヶ月間、現地とやり取りしプロトタイプの完成に向けて頑張ってこられた経緯が、伝えられました。

Dsc04255

3番目の発表は、ArrowArrowの堀江由香里さん。

いよいよNPO法人といて認定され、法人登記が完了し、HPも正式にリリースし、本格的に走り始めました。

前回の中間報告で、パートナー企業経営者の方々から頂いた宿題に対する回答も交えてプレゼンされていました。

Dsc04259

5期フェローの発表を締めくくるのは、つみき設計施工社の河野直さん

2010年のサービスインから、6件のPJを完了させ、3件のPJを企画、計画中で、

地元での多世代塾プロジェクトや、農園施設プロジェクト、そして学校事業も視野に入れて活動中です。

Dsc04285

ここで、小休止が入った後は、いよいよ第2部の6期最終選考会へと進みます。

長くなりますので、続きは、次のブログにてご報告いたします。→

| コメント (0) | トラックバック (0) |

2011年4月25日 (月)

第4期最終報告会&第5期中間報告会 開催しました。

皆さん、こんにちは。
イノベーショングラント事務局、日根です。
4月から、事務局スタッフとして仲間に加わらせて頂きましたので、
何卒よろしくお願いいたします。

さて、先週4月11日、イノベーショングラント経営報告会が行われ、
第4期フェローの方々の最終経営報告と、第5期フェローの方々の中間経営報告が
行われました。

今回は、グラントのパートナー企業様である株式会社ネクスト様のご本社@品川
をお借りすることができ、広い会場にて開催させて頂きました!
ご協力頂きましたネクスト様、ありがとうございました。
報告会の途中、大きめの余震にも襲われつつ、無事計7名のフェローの方々の発表が終了
し、最後の交流会まで盛り上がりました。


今回のプレゼンテーターは7名。 ※発表順

◆第5期メンバーの皆様(中間報告)

 * 河野 直さん   つみき設計施工社
 * 小林 りんさん  軽井沢インターナショナルスクール
 * 鮫島 弘子さん  andu amet
 * 堀江 由香里さん ArrowArrow

◆第4期メンバーの皆様(最終報告)

 * 鈴木 慶太さん 株式会社Kaien共同創設者 『自閉症者支援』
 * 向田 麻衣さん  Coffret Project代表 『国際/女性支援』
 * 森山 誉恵さん  3Keys代表 『こども学習支援』


グラントパートナー企業であるウインローダー高嶋社長様、
ネクスト井上社長様のお二方の他、 メンターとして、英治出版の原田社長様にご参加いただきました。 また、各パートナー企業様とも、社員の方々にも多数ご参加頂き、 特に、ウィンローダー様からは、今月入社されたばかりの新入社員の方々も、沢 山いらっしゃって頂きました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


Photo 
まずは、初めての経営報告会となる第5期のメンバーの方々のプレゼンテーション。
前回のパートナー企業様とのブラッシュアップミーティングを受けての改善点を盛り込みながら、
なぜその活動をやっているのか、
どんなソーシャルインパクトが生まれるのかを堂々とプレゼンされていらっしゃいました。
そして、8分の発表の後は、パートナー企業経営者、メンターの方々から鋭い突っ込みが。
どんな連携ができるか…などなど、わずか15分の中で大変深いやりとりが交わされました。 
Photo_2
Photo_3
Photo_4 
Photo_5   
第二部は、第5期の方々の最終プレゼンテーション。
今回の報告会をもって、一旦はグラント終了となります。

昨年6月末に第5期メンバーとして最終選考を通過して以降、9か月間のプログラムを経て、
どんな変化を遂げられたか、現状、どういう取り組みがなされているかを中心に発表頂きました。
パートナー企業様との取り組みもいくつかスタートし、
皆様にとっても有意義な期間として頂いたことと期待しています。
Photo_6  
Photo_7  
3keys
全員の発表終了後、経営者の方々より総評をいただき、修了生の5期の方々には、
パートナー企業のイデアインターナショナル様より、記念品のフットサルボールの記念品が!

CSRにも注力をされているイデアインターナショナル様が、
デザインを通した支援活動の一環として、パキスタンにて製造されたフェアトレードプロダクトです。

オリジナルエコバッグに、各フェローの方々のネームをプリントさせて頂いたものをセットの授与。

残念ながら、当日欠席されていたイデアインターナショナルの橋本社長様に代わって、
各パートナー企業様から、記念品授与が行われました。

Boal1  
Baol2  
Boal3 プレゼン終了後は、ご参加いただいた皆様と交流会が催されました。
会場全体はとても和やかなムードで、
経営者の方とフェローの方が事業のブラッシュアップについて真剣にお話されていらっしゃったり、
社員の方同士で楽しくお話ししたりと、皆さんそれぞれに楽しんでいらっしゃるご様子でした。
Photo_8 


皆様のお陰で、有意義な報告会となりました。
重ねて御礼申し上げます。
ウィンローダーの高嶋社長様が、早速ブログでご紹介いただいていたので、
こちらもご覧ください
→http://ameblo.jp/eco-tamihito/entry-10860416972.html


さて、事務局では、引き続き、第6期の応募者の方々の選考が進んでいます。
報告会翌日に、第6期の応募が締め切られ、現在選考過程がすすんでおります。
今回も、様々な起業家の方々にご応募頂いています。
またご報告させていただきます。



| コメント (0) | トラックバック (0) |

2011年3月11日 (金)

+第6期フェロー、ご応募お待ちしています!2011/4/12必着+

皆さん、こんにちは。イノベーション・グラント事務局です。

締切が間近となっておりますが、ただいまイノベーション・グラントでは第6期フェローを絶賛大募集中です★*゜

自らのビジネスモデルを駆使して、既存の社会問題を解決することに取り組む個人、団体、会社からのエントリーをお待ちしています。

〆切は、2011年4月12日(火)、郵送・Eメールの場合とも、エントリー書類18時必着となっております!ご興味のある方は、ぜひ、今週末のお時間を利用してエントリーされることをご検討くださればうれしいです。

~下記、告知文でございます。

 お知り合いでピンとくる方がいらっしゃいましたら、ぜひ転送をお願いします!~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃       ~ 社会課題の解決に ビジネスの力を持って挑む ~

┃         【 INNOVATION GRANT 】 第6期フェロー募集
┃--------------------------------------------------------------
┃      募集〆切 4月12日(火)午後18時 http://www.i-grant.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イノベーション・グラントは、ビジネス界のフロンティアを切り拓いてきた
ベンチャー企業とともに、アライアンス(協業)を通じて、
次世代の起業家が挑む“社会課題解決型事業”の成長・発展を応援します。

2008年の始動から現在いたるまで、NPO/株式会社/任意団体を含める
全18名の 社会起業家、3社のパートナー企業が、本気の協働を 通じて
ソーシャルイノベーションの創出に取り組んでいます。

先輩起業家である経営者、CSR担当社員との相互コミュニケーションにより、
ビジネスプラン強化、経営戦略、協業実践など、事業スケールアップのための
生きた学び・経験を得ることを目的としています。起業家自身の 行動力次第で
∞ に可能性が広がる、パートナー企業とのマッチング型ブログラムです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1.プログラム概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ オフィシャルサポート期間:  2011年6月より9ヵ月間(2012年3月迄)

■ サポート内容詳細:

- 3ヵ月に1度の報告会 兼 事業戦略会議
- 経営者によるメンタリング
- CSR担当社員との協働プロジェクトの創出等

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2.募集要項
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 応募対象
- 個人、または団体として、すでに活動を開始している方
※ NPO法人/株式会社/任意団体など、法人格は問いません。

- 日本国内に活動の拠点がある方
※ 海外で活動される場合は、メール/Skypeなどにより
   滞りなく連絡をとり合えることを前提とさせて頂きます。

- 支援する‐されるで終わらない、Win-Winな関係を企業と築く意志のある方

■ 応募締切
2011年4月12日(金)午後18時必着

■ 応募方法
応募書類をご記入のうえ、メール、又は郵送にてご応募ください。

※ 詳細はこちら:
http://www.i-grant.jp/offer.html#offer_about_link/

■ 選考スケジュール

【 1次選考 - 結果発表 2011年 4月中旬 】

皆様からお送りいただいた応募書類をもとに、事業モデル、社会性・共感性
アントレプレナーシップ、そしてパートナー企業との協業の可能性を基準とし、
公平に審査させていただきます。

※1次選考結果発表に前もって、応募書類を拝見させて頂く中でより詳しく
ご説明いただきたい箇所などをお伺いするために、 事務局スタッフより
ヒアリングのお願いをさせて頂く場合がございます(4月第1週目を予定)
選考への影響はございませんが、どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

【 ブラッシュアップミーティング - 2011年4月下旬~5月上旬】

パートナー企業オフィスを訪問し(1~2社)、 事業プレゼンテーションを
して頂くことで、 CSR担当者と将来のアライアンスの可能性を探ります。

【 最終選考会 - 2011年6月上旬 】

パートナー企業3社の経営者、有志の社員にお集まりいただき、
ファイナリストの皆様によるプレゼンテーションを開催いたします
詳細は、1次選考通過者の皆様に別途ご案内いたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3.オフィシャルパートナー企業紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ イデア・インターナショナル株式会社【デザイン・生活雑貨】
http://www.idea-in.com/

イデア・インターナショナルは、創業者である橋本社長のアドバイスや、有志に
よるCSR組織「チーム・バタフライ」との協業に向けた企画、コミュニケーション
を通じて、プロジェクト開始当初から、デザイン×ソーシャルな商品企画、イベント
開催などの面でサポートをいただいております。事業の一環として社会貢献に
取り組むことを徹底しており、優れたデザイン性の奥にソーシャルな要素が盛り込
まれた商品を数々生み出していらっしゃいます。

■ 株式会社ウインローダー【物流】
http://www.winroader.co.jp/ http://www.eco-land.jp/

2010年春の参画から、事業の一環であるエコ回収サービス「エコランド」を
基盤とする様々な連携を実現して下さっています。本業である物流をとおして、
地域・グローバル社会に貢献する、という高い意識をお持ちの社員の皆さんに
より、イベント共同開催や社会貢献団体への寄附サイトにおいてご協力を頂い
ています。

■ 株式会社ネクスト【ポータルサイト・住宅】
http://www.next-group.jp/

日本最大級の住宅情報ポータルサイト「HOME'S」を運営されている
株式会社ネクストは、2010年秋に新たに参画していただいております。
お客様の声を俊敏にとらえ、絶えず改良を重ね続ける質の追求への姿勢
や、社内全体に根づく“利他主義”のスピリットにより、起業家精神と社会
貢献意識をお持ちの社員の皆さまとの新たなアライアンス事例がこれから
生まれていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4.イノベーショングラント・フェロー紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまでに、国際協力、若者支援、障がい者支援、農業など多分野において
全18名の起業家を応援してきました。

■ 例えば、第1期フェロー
【株式会社マイファーム http://www.myfarm.co.jp 】の場合…
不耕作地を再活用した体験農業や、その他様々なサービスを通じ、個人や
企業単位で自主耕作を体験することで、食について気づき・学びを得る
そんな“自産自消”ができる社会の実現に貢献する会社です。

■ 例えば、第2期フェロー
【特定非営利活動法人キッズドア http://www.kidsdoor.net 】の場合…
様々な理由から高校進学を断念せざるを得ない低所得層の家庭のこども向けに、
大学生ボランティア(通称ガクボラ)による勉強のサポートを無料で提供しています。

■ 例えば、第3期フェロー
【NPO Kopernik http://www.thekopernik.jp 】の場合…
途上国の人々が日々直面している問題を、ローテクノロジーの力で解決
してきました。彼ら自身のニーズ、アイディアと、先進国の寄付者を繋げる
ユニークなビジネスモデルが特徴です。

■ 例えば、第4期フェロー
【株式会社Kaien http://www.kaien-lab.com 】の場合…
発達障がいの一種である、自閉症スペクトラム患者の就労支援を行って
いる会社です。暗い影となることが多い企業の障がい者雇用において、
彼らの本来の強みを生かし、戦力となる人材を育成しています。

他団体の活動も、ぜひこちらからご覧ください:
http://www.i-grant.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5.主催団体 NPO法人ETIC. http://www.etic.or.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ETIC.(エティック)は、設立から18年目を迎えるNPO法人です。長期実践型
インターンシップや起業家支援プログラム等を通じて、社会の様々なフィールドで
新しい価値を創造する起業家型リーダーの育成を進めています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 INNOVATION GRANT 事務局 】
NPO法人ETIC. 担当:佐々木・石塚
――――――――――――――――――――――――――――――――――
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 FAX:03-5784-2116 MAIL:info@i-grant.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| コメント (0) | トラックバック (0) |

2011年3月 6日 (日)

+Kaien+高まる認知度と広がる可能性

自閉症スペクトラムの方の就業トレーニング、
及び障がい者雇用枠での人材紹介を行う株式会社Kaien

これまでは、自閉症を持つ人の多くが得意とするソフトウェアの
エンジニアを中心にトレーニングを提供してきたKaienですが、
事務や接客、現場作業などの分野においても、実績がでてきている
とのことでした。

国、自治体、大学が、発達障がいについて予算化を始めているそうなので、
今後ますますKaienが提供するサービスのニーズも高まることに期待です。

実際に、全国津々浦々から日々お問い合わせをいただいているとの
嬉しいご報告を、代表の鈴木さんからいただいています。

3月21日(月・祝)には、東京都北区でKaienが主催のイベントも
開催されますので、ご都合がよろしければ是非ご参加ください!
一般参加、ボランティア、どちらも大歓迎です♪

イベント詳細は、こちらをご確認ください。

| コメント (0) | トラックバック (0) |

+Arrow Arrow+育休経験社員インタビューの先に見えたものは…

働くお母さんを応援する任意団体Arrow Arrowでは、
パイロット企業へのプログラム中間報告を実施しました。

育休の取得、現場復帰をサポートするための同パイロット
プログラムでは、社員の方々の育休システム実現率において、
職種ごとの差が明確になったり、また、Arrow Arrowが参入により、
残業時間を減らそうとする姿勢が社員の方々の間でより強くなるなど、
さまざまな効果が見えてきた模様です!

代表の堀江さんは、育休が取れる会社と取れない会社は何が違うのかを
探るため、育休取得率の高い(株)ネクストの育休取得経験のある女性社員に
インタビューを行い、「社員の感謝を伝える仕組みが必要!」と実感したそうです。

というのも、
「社員の皆さんが会社に対して、感謝の気持ちが強いということ。
“自分が取らせてもらった分、自分も周りに何か返さないと”という
気持ちが強く、チーム内で良い循環が生まれているのを感じました。」
とのこと。

イノベーショングラントでは、このようなかたちで
起業家とパートナー企業がつながる機会も生まれています。

まわりに育児休暇をとった・とっている人がいる場合、またはご自身が
経験された場合で、インタビューを受けてもいいよ!という方は、
ぜひArrow Arrowの調査にご協力をお願いします。

| コメント (0) | トラックバック (0) |

+3Keys+学習ボランティアから“まなボラ”へ

2010年の6月から、イノベーショングラントに参画してくださっている
児童養護施設のこどもを対象にした学習支援団体、3Keys

組織強化に力を入れており、ブランディングやコンセプトの見直し、
これまでの学生ボランティアの仕組みの変更などがすすんでいるようです。

今後は、「学習ボランティア」から「まなボラ」へと名前も変更されるとのこと。
親しみやすく、覚えやすいですね。

また、ボランティアのシステムそのものが、
採用→事前研修→派遣→事後研修・毎月の振り返り→最終報告→3月更新制と
プログラム化されるなど、本気の学生さんには、やりがいが高く、自身の
成長も十分に見込める3Keysのボランティアはぴったりかもしれません。

少しでも興味を持たれた方は、
ぜひ3月28日始まる、来年度のまなボラ募集にチャレンジしてみてください。
http://ameblo.jp/3keys-staffblog/entry-10813226216.html

その前に一度、代表森山さんのお話を聞いてみたい!という方、
3Keysの事業そのものに興味がある方は、

3月15日、
「新たな世界のトビラをあける~
 “タイガーマスク現象”を振返り新現役世代の社会参加を考える~」
というイベントで、森山さんがパネリストとして参加されるそうなので
ぜひ足を運んでみてくださいね。詳細はこちらから★

| コメント (0) | トラックバック (0) |

+軽井沢インターナショナル設立準備財団+7月サマースクール、いよいよ生徒募集開始!

日経ビジネスオンラインや、The Japan Timesでも大きく記事に
取り上げられるほど、注目度が高まってきている
軽井沢インターナショナルスクール設立準備財団のサマースクール。

詳しくはこちらをご覧ください:
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110216/218456/
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fs20110217a3.html

代表の小林さんからは、
「国内外から応募が舞い込み始めています!」と嬉しいニュースも♪

真のリーダーを育てることを目的とし、アジア各国から広く若者を募る
サマースクールの開催は今年で2度目となりますが、2011年は
奨学生の招聘先を増やし、教師陣もさらに充実させて、リーダーシップ
プログラムやデザインプログラムなど独自のカリキュラムも盛り込まれるそうです。

法人企業の皆さまは、寄附講座やマイレージ寄附、
各種財団の皆さまは、助成金を通じて、
サマースクールの開催を支援していただくことが可能です。

詳しくは、当団体HPをご覧ください。

また、もしこのブログを読んで下さっている方で、
「私、英語のネイティブです」という方がいらっしゃいましたら、
サマースクールでボランティアとしてご活躍いただくことも
可能です!2011年の夏は、アジア全域から集まるエネルギー溢れる
中高生と一緒に過ごしませんか?

| コメント (0) | トラックバック (0) |

+つみき設計施行社+ともにつくる、地域でつくる。

第5期フェロー、つみき設計施行社の「ともにつくる」作品が
また1つ、今度は千葉県浦安市でできあがったそうです。

2月、NPO法人発達わんぱく会の「こころとことばの教室」開所式
イベントにて、集まった約90名の皆さんとともに「まちの掲示板」を制作。
材料の一部は、(株)ソーケンの廃材を提供していただいたとのことでした。

これから地域と教室をつなぐ、
大切なコミュニケーションの場になっていくのでしょうね。

ところ離れて、中目黒では、
「ともにつくる、小さなお菓子屋さん」が17日に着工したそうです。
店主さんご自身が、看板づくり、木材カット、塗装など大変積極的に
参加してくださっており、以前は左官職人だった店主のお父さんが
「壁塗り先生」として参加してくださることも決まったとのこと!

親子2世代でつくる、お菓子屋さん…
今から完成が待ちきれませんね♪

これからも、イベント形式・設計施行形式を軸にしながら、
「ひとつひとつ丁寧に設計します」と代表の河野さんが
おっしゃっていました。

人と人とのつながり、
人と地域とのつながり、
そんな大切なつながりを「ともにつくる」ことで蘇らせてくれる
つみき設計施行の事業。

4月10日、あんたが棟梁!ニッポンの日曜日(仮)では、
今回は、内装をともにつくるイベントになるそうです♪

ぜひ、一度体験してみてはいかがでしょうか?

| コメント (0) | トラックバック (0) |

+Coffret Project+コスメ回収キャンペーンから広がる成果

2月、パートナー企業ウインローダーの事業エコランド
協働で不要コスメの回収を行ったCoffret Project
なんと、計502点もの化粧品が寄付されたそうです!

集まった化粧品は、トルコ・ネパールをはじめとする
海外の女性を対象にした美容サロンで、現地の女性が
実際にお肌にのせるとともに、使用済みの化粧品は、
新たにアートとして生まれ変わります。

代表の向田さんによると、
コスメ回収キャンペーンが、団体全体の集客アップと
PRにつながることがわかったそうです。

また、現在は、美容サロンin ネパールの開催に向けて
現地の日本企業をリサーチ中とのこと。このブログを
読んで下さっている方で「ネパールに知り合いがいるよ!」
という方は、ぜひ mail@coffretproject.comまで
ご連絡をお願いします♪

Coffret Projectに興味を持っていただけた方は、
ぜひ下記イベントに足を運んでみてください。
きっと、色とりどりのコスメと団体独特の和やかな
雰囲気で、しあわせなひと時を過ごせると思いますよ。

3月30日
化粧品ブランドとのコラボレーション プレス発表会
表参道ヒルズスペースオーにてプレゼンテーション

4月2日 Coffret Party vol.3 ~Perfume 『香水の物語』
ラルチザンパフィュームご提供によるファンドレイズイベント

4月29日 Coffret Party vol.4 ~Food 『パレットのようなテーブル』
出張料理人MOTENAとのコラボレーションイベント

| コメント (0) | トラックバック (0) |