« 前の記事へ | トップページ | 次の記事へ »

2011年7月 7日 (木)

6期最終選考会&5期中間報告会が開催されました!~5期フェロー中間発表編~

こんにちは。イノベーショングラント事務局の日根です。

日中は、本当に暑い日が続きますね。

既に真夏を思わせる日差しですが、とはいえ、梅雨特有の空気の重さもあり、体調管理には気をつけたいところです。

さて、6月29日には、5期フェローの第2回目の中間報告会と、6期の最終選考会が行われました。

6期選考については、4月に募集を締め切った後、2ヵ月半かけて、書類選考やヒアリングを経て、

応募者の方々にはブラッシュアップミーティングを行って頂きながら選考を進め、

最終選考会には6人の社会起業家の方々が進まれました。

当日は、第5期メンバーとあわせ、合計10人の社会起業家の熱いプレゼンテーションと、

今回は、パートナー企業経営者の方々による経営者セッション、そして交流会というプログラムでした。

まずは、ETIC.イノベーショングラント事務局長の佐々木より、改めてイノベーショングラントプログラムの目的や、

当日のスケジュールなどの説明をさせて頂いた後、早速、5期フェローの中間報告がスタート。

今回のプレゼンテーターは、こちら。

【5期フェロー】 (4名)

*小林 りんさん(軽井沢インターナショナルスクール)

*鮫島 弘子さん (Andu Amet)

*堀江 由香里さん (NPO Arrow Arrow)

*河野 直さん (Tie for change)

【6期ファイナリスト】 (6名)

*石井 綾華さん (a.light)

*太刀川 英輔さん (NOSIGNER)

*泉谷 昇さん 

*益城 賢太郎さん

*森本 宏美さん (Tie for change)

*佐藤 和弘さん (医療団体 めでぃぷろ!)

トップバッターは、軽井沢インターナショナルスクール設立準備団体の小林りんさん

なんと2日後に迫った6月末が、学校設立の申請締め切り日ということで、ここ数年間の中でも一番の山場だと

ご本人がおっしゃるほどのお忙しい中、熱いプレゼンテーションを頂きました。

アジアを中心とする海外の優秀な学生達が、全寮制教育を通じて、次世代を担う人材を育成していくという、

全寮制インターナショナルスクールの設立を目指して活動されていますが、

3月の震災後、非常に悩んだという小林さん。

といいながらも、数ヶ月で多額のファンドレーズを行い、「もうやるしかない!」とふっきって、

ますますパワフルに活動されている小林さんの熱意溢れるプレゼンテーションが印象的でした。

学校設立のための用地も確保し、今月は第2回目のサマースクール開催で、ますますエンジン全開で動いてらっしゃいます。

Dsc04235_2

 

2番目の発表は、Andu Ametの鮫島弘子さん

前回の中間報告以降、3ヶ月間、現地とやり取りしプロトタイプの完成に向けて頑張ってこられた経緯が、伝えられました。

Dsc04255

3番目の発表は、ArrowArrowの堀江由香里さん。

いよいよNPO法人といて認定され、法人登記が完了し、HPも正式にリリースし、本格的に走り始めました。

前回の中間報告で、パートナー企業経営者の方々から頂いた宿題に対する回答も交えてプレゼンされていました。

Dsc04259

5期フェローの発表を締めくくるのは、つみき設計施工社の河野直さん

2010年のサービスインから、6件のPJを完了させ、3件のPJを企画、計画中で、

地元での多世代塾プロジェクトや、農園施設プロジェクト、そして学校事業も視野に入れて活動中です。

Dsc04285

ここで、小休止が入った後は、いよいよ第2部の6期最終選考会へと進みます。

長くなりますので、続きは、次のブログにてご報告いたします。→

Posted by スタッフ on 7月 7, 2011 |    

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59614/52143409

この記事へのトラックバック一覧です: 6期最終選考会&5期中間報告会が開催されました!~5期フェロー中間発表編~:

コメント

コメントを書く