« 前の記事へ | トップページ | 次の記事へ »

2006年11月11日 (土)

事業相談会&アクティブコミュニケーション講座

061111inpro_1 2006年11月11日、第2次選考プレゼンテーション(12月2日開催)に先立ち、第一次選考通過者を対象とした「事業相談会」と、プレゼンテーションスキル向上のための「アクティブコミュニケーション講座」が開催された。

事業相談会

第一次選考通過者のうち7人が参加。それぞれに対し2~3人のメンターがつき、事業プランの相談を行った。参加者のまなざしは皆真剣そのもの。事業プラン の相談に止まらず、そもそもの問題意識や、事業に込めた自分の思いなどを語り合うテーブルも多く、あっという間の2時間であった。

アクティブコミュニケーション講座

相談会の後30分の休憩を挟んで、今回のメインイベント「アクティブコミュニケーション講座」が開講された。

061111inpro2 講師はEna Communication代表取締役の樋栄ひかる氏。相手を一旦受け入れ共感した上で自分の思いを相手に伝えるとことで、相手とのコミュニケーションを より円滑にする、“Yes , and”というコミュニケーション技法を世界に広めることで、世界平和の一端を担おうとする、パワフルで素敵な女性だ。

そして、今回の講座は、よくある普通のコミュニケーション講座とは一味違う。インプロという即興劇で使われる技法が取り入れられており、参加者には全身をフルに使うことが求められる。だから「アクティブ」コミュニケーション講座である。

この講座を通して、樋栄氏はコミュニケーションにおけるポイントをいくつか話してくれた。

「人と話すときは、ノンバーバルコミュニケーションがとても大切で、それは聴き手にかなりのインパクトを与える」
「プレゼンテーションは一方的にただ発表するのではなく、相手ありきのコミュニケーションであるから、聴き手の反応を見ながら話すことが大切。」

一見すると当たり前のことだという感想を持たれるかもしれない。しかし、インプロという技法を通して、これらのポイントを全身で強烈に実感するため学びの効果が大きいのである。

実際、参加者たちも「自分の意見を受け入れてもらうことの嬉しさ」「人と話すことの楽しさ」「コミュニケーションにおける自分の性格の認識」「普段の生活 において、どれだけ自分の発想が凝り固まっているか」など、それぞれに新たな発見あったことが、彼らの感想からうかがえた。

文:鳥越寛子 (慶應義塾大学2年)

Posted by NPO法人ETIC. on 11月 11, 2006 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59614/13853753

この記事へのトラックバック一覧です: 事業相談会&アクティブコミュニケーション講座:

コメント

コメントを書く